TREと、占星術師るしえるさんのアルクトゥールスヒーリング

先週の日曜日、午後は郡山でTREのワークショップを受け、それから白河へ向かって、占星術師るしえるさんのアルクトゥールスヒーリング、というものを受けてきました。
http://www.tre-japan.com/
どちらも濃い内容で充実の一日でした。

TREのワークショップに協力されているRainbow Dolphinの佐藤さんにはじめてお会いできでお話できたのもとてもうれしいことでした。

ぶるぶる体が震えるという事で、自分の体も本当にそうなるのかな?と半信半疑でしたが、いざいくつかのストレッチをしていくうちに、自然に体が動いてました。そしてその動きは、はじめての経験ではなく、ときどき、たくさん体を使った後とか、ヨガをしっかりやったあととか、に自然に出てきていた動き、だったので、あぁ、これのことだったのか、、と腑に落ちたというか、あのぶるぶるは自然の動きだったんだ〜、とわかって、自分の体の事がよりよくわかった気がしました。
最後に横になって自然の動きにまかせている間は、頭の中がからっぽになって、気持ちがとてもよかったです。トレーナーの方に声をかけていただくまで、ぽか〜ん、と無になってしまったような感じでした。とてもいい経験ができて、思いきって参加してよかった、と思いました。


それから白河の玲菜さんのお宅へ。るしえるさんという占星術の先生のアルクトゥールスヒーリング、というのを受けるためです。どんなものか、よくわからないまま、はじめてお会いする先生は、すでに数人の方のヒーリングなどをしておいでで、ちょっとお疲れの様子の中、はじまりました。どきどきです。

はじめ宇宙語で宇宙からの情報をお話された後、それを日本語に翻訳して伝えてくださいます。
わたしの前世のことを次から次へと教えてくれます。


超古代のリラという星から巨大な宇宙船に乗って太陽系に移民してきたこと。
その宇宙船の多くの乗組員のためのマナ(生命エネルギーのもとになるもの)の製造に携わっていたこと。
共同体の食事、あるいは、農産物、発酵物、を作ったり、薬効のある食品の研究をしていた。

もう最初から、発酵物、という言葉がでてきて、あまりにも自分にフィットした言葉ばかりが出てくるような気がして、ぞくぞくしてしまいました。
つづきます。

江戸時代は杜氏をしていたことがあります。男性でした。
発酵のプロセスを観察する事が得意です。
発酵物とは神の人類へのサポートです。
わたしは、発酵と語り合うことができる、菌類が何を求めているかを直観的に判断し、与える事ができる、のだそうです。

その後、少し中断して、るしえる先生は、専門的な内容なので翻訳はできないが、あなたの無意識の中に、発酵に関する大量のデータベースを入れます、と言って、たくさんの宇宙後を話されました。このデータベースがわたしの中に伝えられたので、今後、直感的に使えるようになるそうです。
何人かの宇宙人が降りてきて、その都度、違う声のトーンに変わりました。
そのデータベースとは、幅広くマナ(生命力を維持するために神が人に奇跡を通じて与えるもの)に関するものであり、現実の食品や食品のエネルギーに関するものである、とのことでした。

次に、また別の前世を教えてくれます。
高度に発達した昆虫型の生命、アリや蜂のような文明、高次の生命体、環境に適した、自我はない、ローヤルゼリーを作っていたり、キノコの栽培をしていたり、していた。
また、水中の生物だったこともある。
一風変わったオールドソウル。
いろんな生命の発達した形を経験している。
なので、生き物全体に共感できる。

また次です。
ネイティブ、森の中で暮らす女性。インディオ。自然とのつながりが強い。

近い過去世では、ブルガリアで酪農をしていた女性。チーズやヨーグルトを作るのが得意。
江戸時代、男性で、納豆屋さん。
遊牧民でモンゴルのパオに住んでいたことも。おじいさんと一緒に暮らす、小さな女の子。
アルプスの少女ハイジのような暮らしが好き。
ダウンアースの仕事への憧れがある。
ヨーロッパで、男性で、発酵学の実験室にいた。
自然界の力を借りて栄養素を作る研究をしていた。

エジプトでミイラを作る仕事をしていたこともある。
王族が死んだときのみ。腐りにくいように処置をする技。

エスキモーだったことも。
キビヤック、という、アザラシのお腹の中に鳥を詰めて地中に埋めてしばらくおいて発酵させて作る珍味、を作っていた。
世界の民族の食品の知恵が好き。


発酵物を作る際(パンを作る際)、妖精たちの技に気づくと、もっと奥深くなる。
植物とは妖精の建築物である。(シュタイナーで研究されている)
花は風の精霊が、根はノームが、作っている、などといった。
4大元素(火、土、水、風)の働きをもっと大事にして、仕事場に供え物をするとよい。
火ーろうそくの火
土ークリスタル(石)
水ー水
風ー花(植物)


わたしの中に、食べ物、発酵物、に関するデータベースがあり、直感が働くのだそう。
発酵に関する見えない力を実は見たり感じたりできている。(気づいていないが)
手助けしてくれている精霊たち、妖精たちが、丸でそこにいるかのように、実在するかのようにふるまうと、より喜んでくれる。そういう、気持ちの上での供え物が大切。小さき目に見えないものたちとの共同作業であると感じる事が大切。



そんなことがわたしに伝えられました。
ふぅ〜〜。なんて、なんて、すばらしいんだ〜〜、、、、と絶句。感動。感謝。涙。
出てくるキーワードが、もうどれもつぼで、息つく暇がなかった。
インディオ、エスキモー、水中生物、モンゴル、パオでの暮らし、ヨーグルトにチーズにお酒、世界の民族の食品、まさに、わたしのDNAが惹かれてやまないものにどんぴしゃ。
高度に発達した昆虫型の生命、アリや蜂、というのは???でしたが、でも、数日経って、腑に落ちてきました。わたしって、アリや蜂のように忙しく動き回ってばかりいる。働き蟻や働き蜂のように。。。こつこつと。
スキューバダイビングしたかったのも、水中での感覚を味わいたかったから。
インディオについては、ペルーに行った時、夜の闇の濃さ、空気の冷たさ、空間の広がり、インディオの人たちのなつかしい顔、などなど、なにもかもがあまりにもしっくりきちゃって大好きで、ひとりで数回旅をして歩き回って食べ回ったし。
エスキモーのキビヤックは今は食べる自信はないけれど(塩辛も絶対食べられないくらい苦手)、星野道夫さんや野田 知佑さんの本を読みあさっては憧れていたし。
同じくモンゴルにも憧れが。あの草原での暮らし。
なにせ、野性に戻りたい、という気持ちがものすごく強くて、なかなか今の時代にそれは難しいけれども、心の奥底にその思いの火はいつでも燃え盛っている。
マクロビオティックをはじめてからはそうたくさんは食べなくなってしまったけど、ヨーグルトやチーズといった白い発酵食品が大好き。

こうやってパン屋をやっている今、小麦と玄米とを発酵させてパンを作っている今、今まで、なにかに導かれて、ここまで来たんだな〜、と感じられて、感謝の気持ちがぶわ〜〜、っとわき上がってきて、今もその気持ちが継続中です。

これからどうしたいのか、と訊ねられて、なんだかビジョンが浮かばなかったのだけど、ただ漠然と、今のまま、作って、それを食べた人が元気になったりして、いけたらいいなと、そういうスペシャルな食べ物を作り出していけたらそれでいいな、となんとなく思っていて。
商業的にどうこうして、っていうところに手をかけるんじゃなくて、
どれだけいいものを作り上げられるか、というところにエネルギーを注ぎ込んでいきたいな、と思っていたのですが、そのほうがいいね、とも言っていただいたので、ほっとしたり。

なんとなく、これから自分がやっていくべき道が示されたような気がして、すごくクリアになって納得してしまいました。

その後、台に横になってヒーリングを受けました。
ネガティブエネルギーを吸収し浄化し、情報を集めるアンテナをクリアリングし、ていただきました。
第三のチャクラが弱いね、という事で、その辺りに黄金のエネルギーを渦巻きにしてぐるぐると入れていただいたようで、お腹の辺りがじりじりとする感じがしました。

以上でございます。
なんとも、すごい、としか言いようのない、そんな不思議な、でも納得の、1時間弱でした。
これからのわたしの人生にとって、大きな、ありがたい、1時間、でした。
知ることができて、受けることができて、本当によかった。感謝。

その後のお食事会にも参加させていただき、ヒーリングの時とはまた違った先生の一面に触れることができて、力が抜けて、よかったです。

今朝はこんなんでした。明日のお出かけは無理できないかもです。

雪景色

大橋トリオさんライブ@恵比寿

今年もまた来ました。雨の恵比寿。雪にならなくてよかった。ドラムサイド、わーい。

去年に引き続き、今年もこちら行かせていただきました。
大橋トリオさんですよ。

この間、沖仁さんがこんなふうにツイートされてました。
”音楽を聞いて涙が出る時って、心の中に隠れていた思いや悲しみが、一つ溶けて流れて洗われてるんだと思う。”って。
涙が出たり、なんだか体の奥の方が揺さぶられたりしてむずむずする感じ。
それを求めて、ヘッドフォンでもしくは車の中でひとり大音量で集中して聴いたり、ライブへと足を運んだり、するわけですが、今回のライブも、先日の教会でのライブも、音を浴びる前と後とでは自分というものが変わっているように感じられて、それが実感としてるのがおもしろかったです。
ある人の言葉をお借りすれば、自分が更新された、っていうことかもしれません。
わくわくどきどきする瞬間を経験すると、何か自分の中で変わっていくな、と実感するようになっているのがおもしろいです。
これが、次元が上がっていく、っていうことだったらすばらしいなと。
ほんとにそうかどうかまだ自信がないですけど、そうだといいです。

大橋トリオさんの音楽は本当にいくら聴いても聴き飽きなくて、自分の中にある悲しみとか切なさとかやるせなさみたいなどうしようもない部分をちょっとずつ溶かしてくれてどうにかこうにか前に進めるように力を貸してくれるようなパワーがあって、本当に大好きです。
で、その音楽に参画しているドラムの神谷さんがこれまたすごいです。
ドラムの音にこんなに感動する自分がいることが不思議です。
全身の思いがこもった一打一打は本当に力強くてでもとても複雑で、そして職人技というくらいにものすごく繊細で饒舌で、元気のいい曲はもちろんストレートにノリノリで楽しく、その一方、しっとりな曲の影でものすごく饒舌に歌っているドラムスが、本当に鳥肌もの、だと思っています。
いい、といくら言っても言い足りない気がしちゃってついつい熱くなってしまいます。

今年はまあまあ前の席でしかもドラム側でついたてがちょうどとぎれたくらいの位置だったので、真っ正面からよく見えて、直に振動が伝わってくるかというような感覚で音を浴びることができて、本当に夢のようでした。
ときどき、トリオさんのピアノを弾くストライプの後ろ姿をちらりと見て安心して、また神谷さん直視、みたいな感じでした〜。

去年に引き続き今年も来れた
ツリー
バカラのシャンデリア今年も
ドラムサイド

次の日は友達と会いました。
自然派インド料理のナタラジを事前チェックしておいたので、そちらへ
小松菜のビーガンナンと黒いひよこ豆のカレーとチャイを。
次の日はうのまりとランチ@ナタラジ
続いてイデミスギノさんへ。悪天候だし平日だし、ということですんなりイートインできてうれしい。
福太がお腹の中にいる時、一度訪れたことがあり、そのときは立ってるの疲れた〜とぐずるひなたをおんぶして開店前にしばらく並んで購入したのだった。
今回はお友達と昼下がりの雨の中だったので、待たずに座れてゆっくりとケーキとお茶を楽しむことができた。
シャルム、を食べて、ロータス、っていう名前の紅茶と一緒に。
ポム・デーヴはお持ち帰り。友達はマリエを。
ちょっとスモーキーで甘いケーキに合ってとてもおいしかった。
また来よう。

ちなみに、写真はお持ち帰りしたのを家で撮ったのと、持っている本の中のページから。
写真撮影禁止のお店ですので。
イデミスギノさんのケーキ(ポムデーブ)
エシレにも立寄、ガレット購入。缶がかわいい。ガレットもおいしい。
エシレで買ったガレットの缶
缶がかわいい
ガレットおいしい
こんな焼きひよこ豆もおいしい。
焼きひよこ豆も買った

香りの勉強会

昨日は白河でこちらの勉強会に参加。
昨年から、香り、にものすごく興味がわいてきていて、郡山や古殿で単発の講座に参加したりしていて、そちらの先生も、体に及ぼすアロマの効果、ということだけじゃなく、チャクラとか、精神面との関わりまで見て教えてくださる方で。
まさに、そういうことが大好きなわたしは、やっぱり、こういうことが知りたかったから惹かれたのかも、と思っていたところがあり。
その矢先、辻先生の調香というものがあると知り、その香りによってみなさん脳が動きだしてものすごい変化をされるということで、ぜひともわたしも体験してみたい、と思ったのでした。
が、日程的に、勉強会だけの参加となりました。

はじめてお会いする先生と参加者のみなさんの中で、ちょっと緊張しつつはじまり、前半は香りと今の時代とのお話。
それはハナリンさんがブログで詳しくまとめてくださっていますのでそちらを。
http://ameblo.jp/ohanakeiko/entry-11725577039.html?fb_action_ids=555014074586177&fb_action_types=og.likes&fb_source=aggregation&fb_aggregation_id=288381481237582
米座と金座の20年交代のお話など、とってもおもしろいし興味深くて納得。

どんどんお話に引き込まれてしまって、いつの間にか後半の実践編へ突入。
魔除け、がテーマで、先生のガイドラインに沿って香りを選んでゆき、どれくらいの量でブレンドするか、というところまで自分で決めていきました。
いくつもの香りを嗅いでいるうちに、夢中になっていて、はじめの緊張はすっかりどこかへ消滅。
ああこの香りだったらわたしのまわりをガードしてくれて守ってくれそうだ、という感じで選んでいったのでしたが、結局出来上がった香りは、魔除けにはならない、と先生に笑われてしまったくらいのもので。
要は、わたしは、魔、ではなく、聖、なんだそう。
(魔除けの香りを作って出来上がったものから、その人が聖なのか魔なのか、がわかる、ということでした。)
自分の中では、奥に潜む魔、悪、の部分に罪悪感を持っていたところがあるのだけど、それも、どこか見当違いなものなのかもしれなく。
聖の人は、悪を見極めることが下手なので、むしろ、いいところを見ていったほうがいい、正道をいくほうがいい、ということのよう。
そう言われてみれば、何とも、自分のお人好しさ、幼稚さ、といったものが、まったくもって腑に落ちるし、それ以外のなにものでもない、と思えてきたのでした。
悪いことしようとしても全然格好つかないし。どこか無理がある。
そういうのにちょっと憧れる気もするけど、無理してやったってちっとも似合わない。
まさに、ゆるい、聖、なのだなあ、という感じ。
でもできあがった香りはとっても大好きで、気分はいいのです。
魔除けにならないから使わない方がいいよ、と言われたけど、使ってもいいですよね。

あっという間の2時間。本当におもしろかった。
2013年後半のこのジェットコースターのような流れ、自分でもびっくりしているのですが、あまりに自然で、うれしくてありがたくて、いつもすーっと自分の中に入ってくるできごとばかりで。
最後は、こういう場を用意してくださる人々やなにか大きな流れに、感謝、感謝。
自分も、ちゃんとこの宇宙に貢献できる光を出せるよう、日々楽しんで精進していきたいなと、そう思いました。
(大花さん曰く、勉強会だけでも、脳はかなり動く、とのことで、まさに、勉強会の次の日の今日のわたしの脳の動き、自分でもついていけてないくらい、な気がしているところ。)

大橋トリオさんのクリスマスライブ

久しぶりの上京、ひとりでお出かけ、開放感

お出かけ2

きれいだったシャンデリア

憧れだったROSE BAKERY
ベジタブルプレートと珈琲を
パンにバターと岩塩がついてくる
水もいい感じでサーブされる
野菜満載でうれしい
ベジタブルプレート
パンとバター(ROSE BAKERY)

ライブ会場へ向かう途中、イチョウがちょうどいい季節、空には三日月と星
教会へと続く道はイルミネーションが
三日月
教会へと続く道
外もクリスマス仕様、でも控えめでとても感じが良い
教会の外
シークレットライブ
こんなチケットが手渡されました、記念だな〜
チケット
内部はこんな、今時の感じ、でも椅子は教会らしいもの
こんな教会内
終わってから、ドラムセットを見に行った
今日は音楽的意味合いからドラムは透明なついたてでかこわれており、ライトの調子で見えたり見えなかったりしてそれがちょっと物足りなかったというか、さみしかったというか、でもそれでもあまりあるほど素敵でしたけど
神谷さんの座るところ
今度は靴を販売されるそうで
今度発売になるコラボのシューズ
こんな教会
おみやげにこんな飴がプレゼントされました
おみやげの金太郎あめ
オリジナルの珈琲豆を買いました
オリジナル珈琲豆

これはお持ち帰りしたROSE BAKERYのパン
ROSE BAKERYのパン


大橋トリオさんは言わずもがななんだけど、神谷さんのドラム叩く姿、伝わってくるエネルギーは、わたしに、それぞれの人の仕事への向かい方の究極を教えてくれる。やり直しがきかないたった一瞬の積み重ね。かっこよすぎる。あー今日もまたものすごいエネルギー浴びた。

レモンバターケーキ、焼けましたー。

レモンバターケーキ
レモンバターケーキ2
レモンバターケーキ3

空色cafeさんのクリスマスのお菓子

日曜と月曜が定休日になっているけれど、忙しい時期は月曜は朝から晩まで仕込みや下ごしらえや発注やその他いろいろ店を開けている時にはできない仕事が山積みで、その他子供たちのおやつと晩ご飯、そして片付けも間にはさむので、お休みとは言いがたいのだけど、でもやっぱりお客様がいらっしゃらないのといらっしゃるのとでは緊張感が全く違ってリラックスして仕込みなどに打ち込めるのだった。
今日も全くその通りで、立ち仕事が終わったのは先ほど10時半頃。もちろん家族たちはみなぐっすりお休み中。ようやく、クリスマスのお菓子たちにナイフを入れることができた。藤森さんブレンドのハーブティーをいれた。ほんのりピンク色のお茶。
これから明日の仕込みの予定表を作らなくちゃならないのでお風呂ももうちょっと先。何時に眠れるかな。がんばろー。
シュトーレン
シュトーレン2
ベラベッカ
ベラベッカ2

12/2

今日の夕方の空はきれいだったなー
12/2の空