ブレス

こういうのがほしいなとなんとなく思っていました。
でも、どこで手に入れたらいいのかよくわからない。
そして、もし購入するとしたら、信頼できる人から、と思っていました。
そしてあるとき目にしたそれにぴーんときて、この方からなら大丈夫、とすぐに決心。
その方とは年末にあるワークショップではじめてお会いする機会があり、ほんの少しだけお話させていただいたのでしたが、そのとき、なんて地に足の着いた女性だろう、グラウンディングってこういうことかしら、って思ったことを覚えています。
サイズについても、はかるわけでもなく、何も考えずにそのままで、とお伝えしていました。
今の今までそれについてあまり深く考えていませんでしたが、届いたそれは、きつくもゆるくもなく、まったくすき間がないくらいにぴったり、なのでした☆
たよることはしたくない、自分が主体。
でも、上手にお願いすることを覚えて、信頼して、自分の心の中の声を聞きのがさないようにして、フットワーク軽く、歩んでいけたらいいな、と思っているのです。

2014.1.9~1.18のこと

2014.1.18の沈みゆく太陽さん。ありがと〜う、という気持ち。
2014.1.18の夕日

2014.1.18のパンたち。自由に作りたいものをかたちに。
本日のパンたち
本日のパンたち。
ここのところ冷え込みが続いているため、発酵にはとても気をつかっています。ちょっとほったらかしにしておいたりすると、本当にまずい!ってことになってしまいます。でもこういう感覚、シーズンをひとまわりしてくるうちに忘れてしまったりして、あ〜しまった〜、ってことになります、いつも。もう何度も同じ間違いをしてしまってきているので、少しずつ、修正の仕方もうまくなってきてはいますが。ということで、ここのところはかなり長時間発酵をしてちょうどいいぐあいに膨らんでくれるので、旨味が増しているだろうと思います。夏のおいしさと冬のおいしさ、それぞれですね。酵母パンならでは、のお楽しみだと思います。

今日はちょっと違ったパンを焼きました。
バターのパンに柚子ピールを混ぜ込んだパンとか、
玄米焼酎に漬け込んだあんずとヘーゼルナッツのパン(ライ麦10%入り)とか、
たまねぎとチーズを乗せたフォカッチャとか、
バナナとブルーベリーのフォカッチャ(シナモンを少し振って)とか、
久しぶりに作っているみかんのマフィン(甘さはみかんだけ)とか、です。
みかんマフィンを昨日食べたらふんわりとして甘さがちょうどよくてとってもおいしくてうれしかったので今日も焼きました。
年末の大忙しの時はこういう余裕がないけど、年明けの今頃はゆったりしていて余裕があって、こういう時には新商品が続々生まれます。(でも本当は、青申という、経理の仕事がそびえているのでした。)

今日は家族はみんなスキーをしに出かけていて、わたしひとりだったので、やれていない仕事などしつつお客様をお迎えしていました。こういう日もいいものです。たくさんのお客様にお会いできてうれしい一日でした。いつものお客様と、新しいお客様と、半々くらいだったかな、と思います。ありがとうございました。





2014.1.12のこと
もう何年も前に、郡山に酵素風呂というのがあるよとお勧めされて、一度だけ行ったことがあり、とても気に入ったのだけど、その後すぐにそこは店じまいをしてしまって、またどこかで酵素風呂入りたいなと思っていたところ、昨日大花さんが郡山市の湖南町にある田舎というところを紹介されてて、これは!と思い立って早速二日酔いの夫の毒だしと子供たちのデトックスもかねて、行ってきました。
http://www2.ocn.ne.jp/~koso/

途中、天栄村の道の駅季の里でおいしいお蕎麦を食べて、お買い物もして、湖南町に入ると、道の両脇の残雪がどんどん増えていき、家から1時間半弱で田舎に到着。
http://www.tenei-kousya.jp/kinosato/

私たちの他はだれもいらっしゃらなかったので、家族4人貸し切りで使わせていただくことに。

米ぬかがベースでその他にもいろいろ酵素の材料を混ぜ合わせてあって発酵して暖かくなっているところに、不織布でできたつなぎの服を来て埋まるのです。
砂浴みたいな感じに。

子供たちは5分くらいしか入っていられないので、出てしまった後は米ぬかを砂に見立てて砂遊びしていました。
入っていなくても、発酵してあたたかい米ぬかの上にいるだけでも効果はあるのだそう。
わたしは全身浴と半身浴とで合計30分弱。
思いっきり汗をかいて体はぽかぽか、すっきり。

シャワーで汗と米ぬかを流して、おいしいお水をいただいて、それから、今日は思いきって整体も受けてみることに。
夫は30分、わたしは20分のコース。
胃腸が弱くて体のあちこちに不調を抱えている夫はぎゃあぎゃあとものすごく痛がってましたが、わたしはちっとも痛くなくて気持ちいい施術で終了。
終わって立ってみると、ポワ〜ンとしていて、目がぱっちりとしてよく見えるようになったような、夢から覚めたようなそんな感じ。
左の骨盤が少し歪んでいたとのことでそちらを直してもらったり、首のあたりをよ〜くのばしていただいたようでした。
全身リラックスできました。
夫の今後の変化も楽しみ。
わたしももしかしたら明日揉み返しのようなものがあるかも、とのことでした。

空のペットボトルを用意していったので、水を汲ませていただき、帰ります。
地下40mのところから汲み上げた天然水だそうで、飲むと本当においしくてす〜っと体に入っていくので、いくらでも飲めちゃうのでした。

と、田舎を後にしてすぐにこんな空が見られました。
ちょっぴり色鮮やかな雲。
今度は夫の両親たちみんなを連れて来ようと思っています。
いいところ教えていただけて本当によかったです。
ありがとうございました。
田舎の帰り道の彩雲


ある日のブランチ
インディアンチャイと、全粒粉のパンにはアーモンドペースト、パンドミにはあしたばのペースト。
ある日のブランチ


2014.1.9にわたしのところにやってきてくださった小さなきれいな石さんたち。
サポートしにきてくださったのだそうです。
出会いに感謝です☆
わたしのところに来てくれた天使とブレスレッド

16年目

今日は、3カ所の卸先さまにパンを発送させていただきました。
福島市の珈琲楓舎さん。
郡山市のとみやさん。
東京のリマ東北沢店さん。(新宿店さんは来週水曜からです)
明日1/11土曜日午前中にお届けの予定です。
プレーンなパンなどベーシックなもの中心にお届けしております。
新年の清々しい食卓のお供にしていただけたらうれしいです。

ひっそりと、2014年1月、get wellsoonは16年目に突入いたしました。
いつの間に!という感じではありますが、まあいろいろあったな〜、とも思います。
ようやく、気がつけば、自分らしい、自分にしかできないであろう、パンやお菓子のラインナップがそろうようになっていて、これまたいつの間に!という感じです。
自分がやったとは思えません。
気がつかなかったけれど、たくさんの気づきをいただいて、導かれていたんだな〜、と今になってようやくわかりました。
ゆっくりで、鈍感ですみません。
でもときどきはその気づきをキャッチして、取り入れてきたからこそ、今があるんだろうなと思っています。
これからもっと敏感になって、大事に時間を過ごして、ますます次元上昇していきたいと思います。
わたしの場合、仕事も人生も一緒です。
ブログでもFacebookでも一緒くたでしたが、こういうやり方しかできないのでした。
人生=パン屋になっている気がします。
ただの商売としてでなく、自己表現であり、成長の場、なのですね、きっと。
これから、ますますパワフルに活動していけますように。

足立育朗と語る

足立育朗と語る―現代地球文化の未来とわたしたちhttp://www.amazon.co.jp/dp/4569556981/ref=cm_sw_r_fa_dp_aoa0sb0SGMFE7

今夢中で読んでいる本。すごくおもしろいです。
うちにやってきたのは1年半くらい前だったけど、そのままになっていました。
妹さんの足立幸子さんの本はとっつきやすくてだいぶ前に読んですごく自分の生き方このままでいいんだ、と助けになって大好きだったのです。
で、変換、を年末年始でようやく最後まで読み進めて、足立育郎さんの波動の法則、読まなくちゃ、と思いつつそのままになっていて、ようやくこのお正月に読み進めることができて、続、も読んで、その勢いでこちらを開いてみたら、つぎつぎわかりやすく大切な大事なお話が出てきて、実にすばらしいです。自分に照らし合わせてまさにタイムリー。はじめの方に出てくる水のお話も本当に納得。うかうかしていられません。

明治記念館 フルートコンサート?? in南湖

明治記念館 フルートコンサート?? in南湖
行きたいな〜と思っていたフルートのミニコンサート。
お店の休みと娘の学校のお休みにぎりぎりセーフで今日聴きに行くことができました。
明治記念館もランプカフェもはじめて。
会いたい人たちと会えてお話できて、大好きなフルートの音色を思いっきり浴びることができて、魔法のランプのケーキの中で一番好きなキャラメルチーズタルトをいただけて、冬休み最後のご褒美をいただいた気分。

ありがとうございました。

次回は2/4(火)14:00から、無伴奏フルート曲中心のプログラム、とのことですよ♪
ライト
ステンドグラス
ステンドグラス2
ひなた
みなさんと
佐川さん
キャラメルあんずチーズタルト
ライト2
娘はチョコレートケーキ

国立科学博物館と浅草と富士山

新幹線で上京。子供たちと大恐竜展。常設展はいくら時間あっても足りません。
やまびこに乗るよ
恐竜展
恐竜展2
恐竜展3
4
恐竜の卵
5
6
7

上野の公園のスタバは気持ちいいですね。ソイラテにシナモン。
月曜だったので動物園も美術館も遊園地も閉まってて、そのおかげかとてものんびりしてた。寒かったけど、気持ちよかった〜。
上野公園のスタバでカプチーノにシナモン
スタバのテラスで

浅草
浅草2

大宮周辺でちょうど日が沈み、沈んだ太陽からの光が富士山を照らしていてすごくすごくきれいだった。肉眼だともっと大きくて迫力があった。
富士山
富士山2
富士山3

迷い、混乱、のお正月

2014年がスタート。
新しいものにたくさん触れてたくさんの人との出会いがあった昨年後半。
昔からわたしの中にあった好奇心の種が長い年月を経て急激に目を覚ましたようだった。
今まで動かなかったのが不思議なくらい、自分にとって一番興味のある当たり前のテーマだったはずなのに、封印していたのか、と思えるほどに、動こうとしなかった、見ようとしていなかったのかな。
ようやく子育て一段落、というタイミングでもあったけど。
もしかすると、今までは現実をよく味わい自分で考える、っていうことを堪能するために必要な期間だったのかも。
スピリチュアルな世界に足を踏み入れるとついついそちらに頼りがちになってしまうだろうから、そうなってしまう危険性がなくなるまで、自分で自分のことちゃんと受け止めて現実世界でちゃんと立っていられるよう、ほぼ、自己が揺らがなくなるくらいまで、そちらの世界に踏み出すことをしないよう魂が決めていたのかな、と思う。
きっとそうなんだろう。
ようやく、そっちに向かっていいよ、っていうOKサインというか、goサインがでたのかも。
これで少し楽になったかな、と思いきや、そればかりでもなく、ますます楽しみな反面、生半可な気持ちでいられないぞ、っていう緊張感が生まれてる。
ちゃんと自分の魂に向き合わないと、ってすごくアンテナびりびりはりめぐらしてる自分がいる。
一瞬一瞬、一日一日、大事にしないともったいない、っていうのとか、もっと学ばなくちゃ、って思ってたり、あせりとか、欲張りになってしまうところとか。
それもどうかな、と思うところがあるけど。
そうか、変わらなくちゃ、っていう気持ちの表れなのか。
そのせいか、これでいいんだろうか、本当の望みはなんなんだろうか、自分はどうしたいんだろうか、って、考えて考えて頭がぐるぐるしていて、迷っていて、なんだか混乱している気がする。
もっとすがすがしい気持ちで1年のスタートが切れるのかな、と思っていたけど、そうでもない。
恐れとワクワクは、実はエネルギーレベルでは同じなのだから、今の状態をわくわくに変えてしまえばいい。
まだちょっぴり弱い自分。
このお休み中にもうちょっといいエネルギーに変えられるよう、あれこれじたばたしてみよう。
そんな、今のわたしの精神状態。つぶやいて少しすっきり。

そしてこのお休み中は、いつもやれてないことをどんどんやっていく週間。
まずお料理。年末は手料理なかなかできなくて悔しかったので、子供たちに作って食べさせてあげたいものを片っ端から作る。一日中、台所に立って過ごす、くらいの勢い。大豆タンパクの唐揚げ(10anさんのをイメージしたら今までで一番上手にできた♪)、プリン(豆乳、卵、てん菜糖、バニラ、のみ)、ジャガイモとたまねぎだけのコロッケ。スイートポテトコロッケ、コーンとかぼちゃときびのポタージュ、里芋と厚揚げと凍み豆腐の煮物(芋系ばかり)、ベジお雑煮、りんごのフレッシュジュース、など。
読書があんまり進んでいない。眠気に負けちゃう。

占星術師るしえるさんの星読み講座

12月29日に開催された、占星術師るしえるさんの星読み講座、参加させていただきました。

わたしは8室。他人の能力にフォーカス。人の力を借りられる。絆が深まる。という解釈で、まさにその通り。
年末に向かうにつれていろいろなワークショップや講座に参加しましたが、こういう動きをしたのはわたしの人生の中ではじめてのことでした。次から次へと、惹かれる事が目の前に現れてきて、知りたくてたまらないのです。
そして、これほどたくさんの人と関わりができてしかも自然に深く親しくさせていただける関係ばかりで、そしてみなさんがわたしの仕事について応援してくださって(力を貸してくださって)いい流れをいただいて本当にありがたく感じていたところでした。

おもしろいなあ、、と悠長に構えていてはいけないのでした。平和的な愛にあふれた大きなビジョンを持って、それを宣言しなくては。

あと、2012年10月から2013年もずっと続いている流れとして、わたしの場合は、2012年9月までは子育て中心の生活で、全くと言っていいほどひとりで好きな事をしに出かけるという事がなかったのが、10月からはライブに出かけたり、友達に会いに出かけたりし始め、2013年後半は特に動き回っていて、再び自分の人生を生き始めた感が明らかです。
この流れは2014年いっぱい続くということなので、ますますこれからが楽しみです。

定員オーバーなほどの白河近辺の女性たち(+男性一名)を前に、ルシエル先生の熱気にあふれた講座で、新年を迎える直前にふさわしく心の中になにやら覚悟が生み出された気がしました。
三日連続で家族を差し置いて夜出かけるという暴挙でしたが、価値のある年末になりました。ありがとうございました。