ブルーベリーと豆乳ヨーグルトのスムージー

朝から本当によい天気
いつも木陰のおかげですずしいわが家でも今日は日向の熱気を感じられる

 

お昼に、ブルーベリーと豆乳ヨーグルトのスムージー
仁井田さんのこうじチョコを数かけら甘みのために

 

今日は中学の娘が振替休日で家にいる
明日期末テストなので今日はどこへも出かけないで家にいる
お互いそれほど話しもせず静かにそれぞれのことをする
いつもの日常でとりきれないバランスの回復になっているような気がする

 

#思春期
#ブルーベリー
#スムージー
#こうじチョコ

山尾三省「火を焚きなさい」

20年以上前、初めて屋久島を一人で訪れた時、その時に出会ってお世話になった人に、山尾三省さんの「聖老人」、という本を教えてもらい、それから、三省さんの本を片っ端から探して読み、今もほとんど持っていますが、フラフラ迷って先も見えていなかった自分の、自分でもよくわかっていなかった奥の方の自分の根っこが共感して、生きる勇気をもらいました。

屋久島で過ごした時間はそれほど多くはないけれど、いつでも思い出せるあの空気感、どこにいても山が迫ってくる景色、私の人生の拠り所、宝物です。

 

山尾三省「火を焚きなさい」を読む http://yakushima-tv.com/make-the-fire/ @屋久島ハートTVさんから

人参の葉っぱのふりかけ

さより農園さんのにんじん🥕には当たり前にふさふさと立派な葉っぱがついており、

それをなんとか無駄にしない方法を探っていたところ、ふりかけのレシピを見つけて早速作る。

葉っぱを茹でて水気を絞ってみじん切り
+王道のじゃこと金ごまでパラリとなるまで炒め合わせる。
おいしい〜
これならいくら葉っぱが大量にあってもどーんとこい。

趣味:草刈り

午前中は息子の学年行事で久しぶりのボーリング。楽しくてちょっと疲れた。

 

帰宅後、雨が降らないうちに!と思っていたらパラパラと降ってきてしまったけど、合間を盗んで草刈り(充電式の草刈機で)。お天気が良かった昨日もしたかったけどパンを焼いて店を開けていると1日なかなか時間が取れず。ここも、あそこも、綺麗にしたい、とうずうず。ユリは残して、これはもしかしたらラズベリーでは?みたいな発見もしながら、時には繊細に、ゆっくり丁寧に進める。時折ドクダミや山椒やミントが香るのも楽しい。笹竹やウドやマムシグサの巨大に育ってしまったものだって、力の入れ具合と刃の当て方で上手くやれるようになった。草刈り機に手を出す前は怖いものだと思っていたけど、こんなに楽しいものだとは。綺麗になった景色を眺めるのも楽しい。何度も窓の外に目をやっては自己満足。

今日みたいに気温が高く湿度も高いと、1セット約30分で気づくと汗びっしょり。充電している間に休憩。もう2〜3セットやりたかったけど、雨脚が強くなってきた。

グリーンピースのオイル漬け

息子が豆ご飯が好きで、グリーンピースを買ったりいただいたりしてたくさん集まっちゃって、うかうかしてたら芽が出てきちゃってるのでオイル漬けに。
初めて作ってみたけど、おいしいし日持ちするので、これはよい。

 

クリームチーズクロワッサン

 

北海道の共働学舎の牛乳山クリームチーズ、をバターの代わりにロールインして折ってクロワッサンに仕立てたもの

混じりっけなしの生乳のみから作られるクリームチーズ、
パンにつけて食べたり、チーズケーキの材料とするのには良いのだが、
なにせ熱が加わるとバターのように溶けてしまうので、
パンの中に混ぜ込んだり、っていうのには向かない
そこで、クロワッサンの折り込みバターの代わりにしてみた
ほぼ上手く行ったけれど、味は、普通のバターのクロワッサンとそれほど変わらず

夏至の日に

さより農園さんの人参と、まったり〜村の有精卵使った、にんじんケーキ

 

奈良のMIA'S BREADさんのパン。
昨日の雨の日サービスをツイッターでたまたま見つけておまかせ送っていただけた。

とてもレア。人生2度目かな。

レモンのパン一ついただきましたが、想像の上を行くさすがのおいしさ、甘さ。

勉強になります。

 

ドクダミの花を摘んでいると、たまに出会う小さな八重の花

 

仁井田さんの旬味🍶がちょうどよいくらいあったので、さっそく漬け込み。
1年前に漬け込んだものを最近使い始めていて、なんとなくいい感じ。

葉の方はたくさん漬け込んだのがあるけど花の方はとても貴重。

 

 

あ〜きれいだ〜と思って一歩外に出て空の写真を撮る心の余裕が生まれた、夏至の日

整えるパン

この、怒涛のごとく何か中から出したい、というような、これはなんなのか。

わからないけれども。

大宴会の余韻なのか。それとも夏至の前だからなのか。

大宴会、主催の大輔さんはじめ、スタッフのみなさんの心意気が相当なものなので、あの場所に丸一日いると(+後夜祭の比重も大きい)、半端ない何か素晴らしいものを立て続けに浴び続けることになり、自分の知らなかったこと、範疇外だったこと、の中にこんなにかっこよくて素敵なことがあるって知ってしまい、終わってから、ミーハーで知りたがりな私としては、それを追いかけるので忙しい日々。

で、今まで自分がいたところよりちょっと、もしくはずっと高い、レベルの違うところにいる人たち、と接すると、自分まで、今までの自分のレベルではいられなくなる、というか。

それが、アクティベートされる、ってことか。

うずうずする感覚。

3年前から続いている、私にとっての大宴会効果。

 

休むのはとても大切。

休んでいるときに、とても大事にな考えがふとわいてきたり、重要な情報をキャッチできたりするから。

 

自分のパンのコンセプト、なかなか定まらなかった。

うまく説明できなかった。

自家製酵母、国産小麦、体に優しい素材、無農薬、お砂糖を使わない、などなど、上げればいくらでもあげられるのだけど、今やどこにでもあるし、キリが無くてまとまらないな〜、と思っていた。

けど、今日、ふと、浮かんできた。

 

整えるパン。

自分の中心に戻してくれるパン。

そんな感じかな、と。


4/1に一旦ここでパンを焼くことをやめて、それからほぼ2ヶ月の間自分のパンがなくて、とても困った。

なかなか、自分のパンのようなパンが手に入らなくて。

最後はお取り寄せもしたりしたけれど、なかなか。

それはもしかしたら私にとってだけの、整える、なのかもしれないけれど、でも、周りのお客さんからも、そういうお声はいただくのでそういう効果は私に限らないのかもしれないとも思ったり。

奇を衒うことなく、朴訥に、自然に、体と心を整える食べ物であること。

大げさかもしれないし、まだまだそういうレベルに達していないかもしれないけれど、そういうパンでありたいという気持ちで、作る。

そういうものを生み出す人に私はなりたい。
ようやく、しっくり。

つじつまもあった。