すずしいけど蝉はなく

今朝起きたらすずしくて救われる。

やらなくちゃならないこと、今日の午前中にやろう。

午後は授業参観だから。
すずしいけれど蝉の声はエンドレスでうれしい。

昨日、私が玉ねぎを切っていたら、子供達、トントントンという音をメトロノームの音に見立てて、今レッスンしているピアノの曲を歌い始めた。

緩急合わせて歌って笑ってる。

私ものせられて途切れないように切ってみたり。

調子に乗って指を切らないように!と言い聞かせて。

夜寝る時間になって、「そうだ、明日の時間割の最高(最終)確認しようっと」なんてわざとらしく言い出した息子小三。

さっき、もう宿題も明日の用意も終わったし、なんて嘘ついてたのバレバレじゃーん、とつっこむ母と姉。

さっきなんとなく台湾の天気を調べてみた。

台北は朝から晩まで35度前後、台南はここのところずっと雷雨続き。

夏の台湾はやめておいたほうがよさそうだなー、などと。

昨日、娘が、ミニトマトが美味しくないって、どういうこと?と聞いてきた。

一瞬???と意味わからなかったが、あー、スーパーで売られている旬を選ばない商業野菜の美味しくなさのことかな?、と。

野菜に限らず、本当に良いもの、自然のもの、を与えて触れさせてあげられたらと、願う。

窮屈にするんじゃなく、のびのびと。

コメント