大宴会in南会津2018

6/16(土)は 大宴会in南会津に出店。今ご用意できる最上のもの、できるだけ、持っていけるだけ、作ろう、という一点に集中していたここ一週間。余裕持って到着しようと思っていたけれどあれも作りたいこれも、と、結局ギリギリまで焼き上げていざ積み込み。大きくなってきた子供達もつれて、今年はテントもテーブルも各自、とのことだったので、詰めるだろうか?という不安と、でももっと持っていきたい、というのとのせめぎ合いで、焼けるだけ焼いて、あとは積んでみなくちゃわからない、でも結果なんとかなって、第一関門突破。搬入時間ギリギリで無事に到着。会場は小雨。久しぶりだったこともあるし、今日の一期一会を堪能したい、という気持ちもあり、写真を撮ることは忘れていた。最近写真撮っていない。

渾身のラインナップは、玄米甘酒酵母使用米粉のバナナブレッド、クロワッサン、ラム風味の豆乳クリームパン、ブルーベリーと桑の実のフォカッチャ、そら豆とミニトマトとローズマリーのフォカッチャ、グリーンピースとパルミジャーノのフォカッチャ、ルバーブクリームチーズ、いちごチョコチップ、よもぎあんぱん、スコーン4種(ホワイトチョコとルバーブ、アールグレイとラムレーズン、ズッキーニとパルミジャーノ、人参とメープルくるみ)、クッキー6種(シリアルカカオ、チョコチップオートミール、緑茶、ココア小豆、玉ねぎクラッカー、アールグレイティー)。再開後初のイベント出店なので、この日に照準を合わせて材料を用意したり準備したりしてきた。焼き上げつつ自分で味見したスコーンがおいしかったので今日は大丈夫、って予感がしていた。雨でゆっくりペースではあったけど、興味持ってもらえて手にとってもらえたかなという実感。(奇妙礼太郎さんがスコーンを買ってくれてうれしかった。)

グループの中の、ではない、個人と個人の出会い、の連続がとても心地よい時間だった。私の立ち位置が揺らいでないから、もう隠すものがなくなったから、すごく安心して、今までの人とも新しい人とも一期一会として出会えたような気がする。よかった。

それから音楽のチカラ。素人じゃない技と魅力を持った人たちを次から次へと間近で見て感じて、なんであんなことができるの?!と尊敬して感動してばかり。ミーハーにドキドキしてテンション上がって、自分の動きまで変わっちゃって、どんなに嫌な気分だって反転させられるくらいのパワーがあると感じた。そういうのに触れることの意味ってなんだろう?って考えていた。大好き、と思える、ピピっときたアーティストを追いかけてライブへ行く、生で音を声を振動を浴びて感じることの意味。非日常の感覚を味わい、振動数を変えるほどの体験。一見、遊んでいると思われるような行為。でも私の場合それをせずにはいられない。大事なこと。生きているということ。

この日の私的メイン、雨足が強まる中数曲のbonobosのステージが終わって、物販のところで、蔡くんの歌詞集を手に入れた。言葉の渚。最後に書かれたあとがきを読んで、このあとがきをずーっと読んでいたいと思った。そうそう、こういうこと、本当にそう。って思って。「ポップミュージックが、僕らの生きる世界で時折みせる奇跡的な機能やその効果というものを皆もいくつか知っていると思う。遠く離れた知らない誰かとも、強く結びついているのだと感じさせてくれる瞬間をくれる。僕の書いた歌が連れてくるかもしれない、そんなあらゆる奇跡的なことにこっそり期待しながら、そしてそうやって本当のことに近づこうと試みる行為そのものによって、僕は世界を何度も発見し、心の中に小さなそれでいて強固な都市を築いてきた。」
その奇跡を、いつも感じていた。蔡くんの期待どおりに。謎が解けた瞬間。
第一印象は声だったけど、そのうち歌詞が好きだなーと思って、曲がまるで物語のようだなーと思って、ツイッターの短い言葉のセンスがとても好きで、そこにはふざけたこともまじめなことも書かれているんだけど、全て、本当のことを書こうとしているのが伝わるから、嫌味に感じられず、気持ちよく受け止められるし、清々しくて、それでいいんだよね、といつも安心する私だった。難しい言葉を使ってるわけでもない、けど蔡くんが言葉を並べると、蔡くんの構築した世界が見えてくる感覚がある。
エッセイとか、なんでもいいから蔡くんの言葉を紡いだものを、もっと見せて欲しいなと思った。伝わりますように。

ラップの人たちもすごかったなぁ。今まで興味ない世界だったのに、急に引き込まれた。面白くてかっこよくてすごい。頭のなかどうなってるんだろ?それとナマのU-zhaan、すごかったー。感動した。もちろんステージもよかったんだけど、後夜祭での即興のを間近で見られたのがものすごーーーくよかった。やっぱりナマだな。迫力が違う。

後夜祭の後、子供達は先にコテージで寝ているのかと思いきや、外の焚き火のところで火の番をしており、すごい人たちと話したりしてて、おまけに私も仲間に入れてもらって、少しの時間。今日の出来事にあまりに興奮しすぎてしまって、なかなか寝付けなかった。まだ興奮冷めやらない。

晴天の日曜。ゆっくり寝て起きて、身支度して外へ出たらbonobosのみんなが帰るところ。心臓が。昨晩のお礼を伝えるので精一杯。


それから、越智珈琲さんの振る舞いコーヒーいただいて、大きな山が迫ってくるような、あの大好きな道を通って、帰る。南会津、いつも、いいなぁ、と思う。

本場のしんごろうがすごく美味しかった。もう一つ食べればよかった。ユザーンさん食べたろうか。

コメント