つぶやき

どうしても1月後半から2月3月は追われるものがありどうも余裕を持てなくなり落ち着いて想いを綴るという時を持てなくなってしまう
今まさにそんな真っ最中
でもまだ向き合いきれてなくて逃げてるところ

そんな中、感じること

なんだか最近自分と他者との境目が曖昧というか、、、
自分じゃない人が喜ぶことが私の喜びというか、、、
よその子も自分の子と同じように愛おしいというか、、、
ラーメン屋のおばちゃん、取引させていただいてる生産者さん、レジのバイトのお兄さん、ゆうパック宅配のおじちゃん、
そんな一期一会の人たちとの日常のなんともない一コマが、、、
素粒子の交換、というものなのかも
自分の中の変化に戸惑うくらいに
良いことなので良いのだけれど

最近子供達との会話で流行っていること
お徳貯金
お得、じゃなくて、お徳(ってあの子達わかっているかな)
良いことしたらそれが貯まっていくよ
良いことしたら良いことが返ってくるよ
ひなた(お姉ちゃん)ばかりずるい〜っていう弟の一言がきっかけ
かしこい姉にいつもやりこめられているからね
それは損してるんじゃないんだよ、って言いたくて

少し前に友達が面白いよって言っていたので我が家も、と毎日2話くらいずつ観ているのは、世界名作劇場のトムソーヤの冒険
ちょうど私が小2のころのだ
覚えてることもあったりして懐かしい面と
今大人になったからこそ深く分かり合えるところと、があって、本当におもしろいし、
一言一言がとてもうまく考えられていて深くて、見逃せない
今日観た場面でもハックがトムについて語るところ、それを聞いているベッキーの心の中の動き、何もかもが素晴らしくて
宝物のひと時
今ちょうど小2の息子と一緒に見ることができて本当に良かった

発言力ある人の一言でカリスマを作ってしまうことがなんだか怖いなーと
なんでもない自分の身近なところにもよいものってたくさんあって、別に遠くからお取り寄せしたりしなくてもきっといろんなこと感じられたりするはず
自分で生み出すこともできたり
どうしてもそれを手に入れたい、とか、そこに行きたい、とか、踊らされてしまいがち
カリスマを作ってしまうと、そればかりもとめられて入手困難になりますます高価になり、普通に当たり前に作っている地元の人たちのいとなみがおびやかされてしまいがち
完璧を求めるあまりにほんの少しの要素をものすごく大げさにバツをつけてしまって、ものすごく高価な100%のものだけを求める風潮も

コメント