紅茶熱、ティーバッグ熱、フレーバーティー熱

冬休みが終わって久しぶりの静かな時間。
今朝は昨晩からの雨が上がって真っ白な朝もやの景色。

冬の寒い時の方が玄米甘酒の発酵が安定しているような気がする。
変な匂いがしたりすることはほぼない。
1日一回優しく瓶を逆さまにしてかき混ぜてやり蓋を開けて空気に触れさせてあげるだけ、あとは本当に放っておくだけで、ゆっくりだけど確実にシュワっと甘酸っぱい液体に変わる。
昨日は久しぶりにそれをミキサーにかけて飲める状態にして、少しずつ飲んでいる。
お腹の調子を整えたくて。
発酵が進んでしまって甘みがなくなってしまったと感じるときは、何か甘みを足したら良い。
酵素シロップとか、果物のジュースとか。
もっと発酵が進むとアルコール感が出てきて体がちょっとポッとする。それもまたよし。
こうやってお酒が生まれたのね〜、といつも思う。

知人の漫画家さんが漫画レッスンをしてくださる、っていう情報を得て、冬休み中、漫画読むのも描くのも大好き娘のために申し込む。参加者が他にいらっしゃらなくてマンツーマンで教えていただき(わたしは同席せず)、密やかに大満足だったらしい娘はそれから毎日暇さえあれば描いている。よかった。

昨年から、ティーバッグ熱、そしてフレーバーティー熱。
わたしが紅茶に目覚めたのは確か大学生になったばかりの頃。
高校生の頃はミスドとかで飲むくらいじゃなかったかなぁ。
大学生になって、仙台だったので、新茶の紅茶、を初めて飲んだのは多分2年生の終わり頃。
それより先に、カレルチャペック紅茶店の紅茶缶があまりに可愛らしくて大好きで、それとフレーバーティが楽しくて好きだった。中でも、一番好きだったのは「ハッピーバニラ」。ベージュの缶は茶葉そのものを楽しむタイプの、赤いのがフレーバーティーだったような。ずっととっておいたけどだんだん錆びてきて手放してしまったかな。
昨年10月の丸森町でのイベントで初めていただいたBREWTEAが(その時は紅茶ではなく緑茶ベースのものだったけど)本当に美味しくて、今のティーバッグってすごいのでは?!とハッとして、そういえばだいぶ前にcolineのゆみこさんも言っていたなぁと思い出し、
その場でBREWTEAの色々入ったセットを一箱買って帰り(その日他にはあまり買わなかった)
それからというもの日々自宅でその美味しさにノックアウトされ続け、
BRUTUSのティーバッグ特集を中古で購入して熟読し、
年末、今度はSTEVEN SMITH TEAMAKERの12個セットのお試しを購入し、またこちらもそれぞれ個性があって美味しく感動し続け、
そうだ!と思い出し年明けに今度はカレルチャペックのフレーバーティーを色々久しぶりに注文してしまい、すでに朝な夕なに楽しんでいる。
昔ももちろん美味しかったけれど、今は特に山田詩子さんによる、鮮度にこだわっているという茶葉がものすごくクオリティが高いので、それをベースにしているからこそのフレーバーティーの美味しさに感動し、20年以上ぶりのフレーバーティーとの再会というか、ワクワクが止まらない。
欲張ってたくさんいれようとしがちな私だけど、できるだけお湯の量を守って、一杯の紅茶の本当の美味しさをじっくり味わいたいと思う今の私。
カレルチャペックと私が出会ったのは、創業3年目くらいだったよう。
国分寺で始められて、仙台でも販売されていた、一番町のどこかの店の一角で。
店の名前は忘れてしまったけど、場所は今でもなんとなく覚えているし、その店のカレルチャペック紅茶コーナーが目に浮かぶ。
あの頃大好きだったハッピーバニラは今はあまり売られていないようだけど、新しいフレーバーに挑戦してみたら、なんとも美味しくて、楽しくて。
ラベンダーとバニラのナイトティーは食後のまったりとした夕刻にぴったり。
アールグレイにチョコという一見えっ!と思うような組み合わせがなぜかとても新鮮で素晴らしかったのはALICE’S CHOCOLATE GREY。
シャンパンのフレーバーというありがちなイヤーズティーか?と思いきや、ベースの紅茶の存在感が素晴らしくて感激した2018年のイヤーズティー。
チャイは色々なメーカーのを楽しんでいるけれど、さすが詩子さん!と言いたくなるほどのスパイス使いに目を細めたデイリースパイスチャイ。
もうかなりの間避けていたと言っても過言ではない、アップルティーやキャラメルティーのイメージを覆してくれてありがとう!と言いたい、ミルクキャラメルティー、ロイヤルアップル、ホリーミルクティー。
今日はさてどれにしようと、紅茶コーナーの前で楽しく迷う。
紅茶といえば、ミルクティー一辺倒だった私が、ダージリンの美味しさに目覚め、ストレートティーの美味しさに目覚めさせてくれたのは、紛れもない、colineのゆみこさん。
いろんな楽しみ方を教えてくださる。
12/10のルネサンス棚倉でのクリスマスマーケットにて、私が遅いランチを食べていたら、紅茶を差し入れてくださって、出しすぎちゃったんだけど、とくださった一杯のダージリンがそれはそれは美味しかったこと。
その時だけじゃない、出店でご一緒させていただくときにいただく、ゆみこさんが入れてくださる紅茶はいつも、本当に感動する美味しさ。
お茶の素晴らしさを今年も。

さて、仕事もしなくてはなるまい。

コメント