迷い、混乱、のお正月

2014年がスタート。
新しいものにたくさん触れてたくさんの人との出会いがあった昨年後半。
昔からわたしの中にあった好奇心の種が長い年月を経て急激に目を覚ましたようだった。
今まで動かなかったのが不思議なくらい、自分にとって一番興味のある当たり前のテーマだったはずなのに、封印していたのか、と思えるほどに、動こうとしなかった、見ようとしていなかったのかな。
ようやく子育て一段落、というタイミングでもあったけど。
もしかすると、今までは現実をよく味わい自分で考える、っていうことを堪能するために必要な期間だったのかも。
スピリチュアルな世界に足を踏み入れるとついついそちらに頼りがちになってしまうだろうから、そうなってしまう危険性がなくなるまで、自分で自分のことちゃんと受け止めて現実世界でちゃんと立っていられるよう、ほぼ、自己が揺らがなくなるくらいまで、そちらの世界に踏み出すことをしないよう魂が決めていたのかな、と思う。
きっとそうなんだろう。
ようやく、そっちに向かっていいよ、っていうOKサインというか、goサインがでたのかも。
これで少し楽になったかな、と思いきや、そればかりでもなく、ますます楽しみな反面、生半可な気持ちでいられないぞ、っていう緊張感が生まれてる。
ちゃんと自分の魂に向き合わないと、ってすごくアンテナびりびりはりめぐらしてる自分がいる。
一瞬一瞬、一日一日、大事にしないともったいない、っていうのとか、もっと学ばなくちゃ、って思ってたり、あせりとか、欲張りになってしまうところとか。
それもどうかな、と思うところがあるけど。
そうか、変わらなくちゃ、っていう気持ちの表れなのか。
そのせいか、これでいいんだろうか、本当の望みはなんなんだろうか、自分はどうしたいんだろうか、って、考えて考えて頭がぐるぐるしていて、迷っていて、なんだか混乱している気がする。
もっとすがすがしい気持ちで1年のスタートが切れるのかな、と思っていたけど、そうでもない。
恐れとワクワクは、実はエネルギーレベルでは同じなのだから、今の状態をわくわくに変えてしまえばいい。
まだちょっぴり弱い自分。
このお休み中にもうちょっといいエネルギーに変えられるよう、あれこれじたばたしてみよう。
そんな、今のわたしの精神状態。つぶやいて少しすっきり。

そしてこのお休み中は、いつもやれてないことをどんどんやっていく週間。
まずお料理。年末は手料理なかなかできなくて悔しかったので、子供たちに作って食べさせてあげたいものを片っ端から作る。一日中、台所に立って過ごす、くらいの勢い。大豆タンパクの唐揚げ(10anさんのをイメージしたら今までで一番上手にできた♪)、プリン(豆乳、卵、てん菜糖、バニラ、のみ)、ジャガイモとたまねぎだけのコロッケ。スイートポテトコロッケ、コーンとかぼちゃときびのポタージュ、里芋と厚揚げと凍み豆腐の煮物(芋系ばかり)、ベジお雑煮、りんごのフレッシュジュース、など。
読書があんまり進んでいない。眠気に負けちゃう。
コメント